初夏の河口湖といえば、ラベンダー。一面に咲き誇るラベンダーと富士山を同時に見られる季節がやってきました。

本日6月15日から7月初旬まで河口湖ハーブフェスティバル2018が開催されています。
ラベンダーそのものはもちろん、ラベンダーのソフトクリームや石鹸のほか、特産品や地ビール、燻製、クラフト作家の作品などさまざまなお店が出店するようです。

会場に隣接するハナテラス内、めでたや河口湖店では、富士山とラベンダーの組み合わせの「めでたや炭々」が直営店限定で発売中です。
富士山をかたどった炭の表面に、和紙のあたたかい風合いで富士とラベンダーを表現しています。においと湿気をとる実用性を兼ねたおかざりとして、また河口湖観光のお土産としてもおすすめです。

富士河口湖町観光課の情報によれば、6月15日現在の大石公園のラベンダーは、早咲き品種で6分咲き程度とのことです。
初夏の河口湖をぜひお楽しみください。

 

河口湖ハーブフェスティバル
場所:富士河口湖町 八木崎公園・大石公園(2箇所で開催)
期間:八木崎公園 2018年6月15日〜7月8日まで
大石公園  2018年6月15日〜7月16日まで
*期間中毎日開催

イベントの詳細は富士河口湖町ホームページをご確認ください。
http://www.fujisan.ne.jp/event/info.php?no=672